1.5次会

HEADLINE

仲の良い2人

1.5次会を開く際のポイント

今大阪で流行りの結婚式の1.5次会。披露宴の要素と2次会の要素を併せ持つ、…

»readmore
きれいなドレス

1.5次会はとてもいい思い出になります

最近大阪で人気の1.5次会とは結婚式の披露宴程堅苦しく無く、二次会程砕けて…

»readmore

最近増えつつある1.5次会の魅力

最近よく1.5次会だけの結婚式をする新婦新婦が大阪で増えつつあると耳にすると思いますが、そもそも大阪の1.5次会とは結婚式や披露宴ほどフォーマルではないが、二次会ほどカジュアルすぎないちょうど間ぐらいの両方の良いとこどりをしたパーティ形式のものです。例えば、挙式だけ海外で挙げたけど周りにもお披露目をして祝ってもらいたい方、費用を考えて結婚式から二次会までまとめて挙げたい方など様々な理由があると思いますが、決まった形式がなくすべて自由な形で結婚式が出来るのが特徴で人気のおもてなしです。
大阪の1.5次会には素敵な魅力がたくさんあります。まずメリットとしてご祝儀制でなく会費制が一般的なとこ。二次会より若干高めですが祝儀制に比べるとリーズナブルなので、新婦新婦もお金を気にすることなく招待でき、ゲストも金銭的負担が少なくなるので参加しやすいというのがひとつです。
また二次会よりも披露宴に近い立ち位置になりきちんとした格式高い印象も得られ、披露宴のようににぎやかにもできお色直しなどもできオススメです。食事スタイルも立食からコース料理など自分たちのやりたい形式から選べますし、服装もどんなパーティにするかでフォーマルからカジュアルとやりたいように出来たりと魅力がいっぱいのお披露目パーティの1.5次会が人気になりつつある理由だと思います。

参加者も楽しめる1.5次会

先日、友人から結婚パーティーと称したいわゆる1.5次会に呼んでもらいました。会場は大阪のの賑やかな繁華街から外れた松濤のギャラリーを思わせるおしゃれな雰囲気のところでした。特にドレスコードはなく、おしゃれして来てください、と招待状に書いてあったので少し悩みましたが、私は二次会で着ていくような無難なワンピースを選びました。
会場に着くと、同じ大阪の1.5次会に参加するであろう人たちが受付に並んでいました。あれ、完全に私服?という装いの方や、フォーマルスーツやドレスを着ている方もいました。新婦に会った時、来てくれる皆んなが楽しんでいってくれるパーティーにしたい、と言っていたのを思い出しました。なるほど、常識に縛られない自由な感じが既に参加者も楽しめるのだなと感じました。会場内に入ると素敵な生演奏が流れていて、祝福のムードで盛り上がっていました。ドリンクと食事はビュッフェ形式でした。
そんな歓談の時間を楽みながら、ひときわ目を惹く大きなフォトフレームを見つけました。おそらく会場のスタッフが用意したものだろうと思ったのですが、なんとDIY好きな新郎新婦が手作りしたんだそうです。本当によくできていたので、びっくりしました。私も友人たちと記念写真を撮りました。さらに、生演奏の奏者の方たちはなんと新郎のお知り合いの方だったということが発覚。新郎新婦の心遣いと工夫がこらされた参加者が楽しめる大阪の1.5次会でした。

1.5次会というシステムについて

結婚式の後にメインで行われるのが2次会ですが、今大阪で流行っているのが1.5次会という会があります。私も最初聞いた時はどんな会なのかいまいち分かりませんでしたが、聞いてるうちになんとなく理解できました。身近な人で行ったことはありませんが、もし自分が結婚式を挙げるのであれば利用してもいいのか?なんて考えたりもしました。大阪の1.5次会とはまずどんな事をするのか。簡単ですが紹介します。
1.5次会とは披露宴と2次会の中間にあたるパーティーのスタイルで、2次会ほどくだけすぎないないのが特徴で、海外挙式後のお披露目パーティーとしても人気があります。着席コース料理やビュッフェなどが選べる自由度の高さが人気です。
パーティーは2~2.5時間が一般的で、大阪の1.5次会はゲストが気軽に参加できることです。一般的な披露宴のご祝儀相場は約3万円ですが、会員制の相場の場合、1.5万円未満とされています。ゲストの金銭的負担を少なくし、より多くのゲストに気軽に足を運んでもらいたいという新郎新婦の意向がうかがえます。今後このような会が主流になるケースが増えてきているので、少しでも多くの方に参加してもらうにはとても魅力的であり、取り入れることでより一層、結婚式が充実するのではないかと感じます。


新郎新婦だけでなく参加者も楽しめる1.5次会を大阪で開催するケースが増えてきています。1.5次会というものを有効活用すれば、あなたの結婚式の一日がより素敵なものになると思いますので、積極的に取り入れるようにしましょう。

RECOMMENDED POST